探偵を鹿児島でお探しなら鹿児島市の探偵社ガルエージェンシー鹿児島中央へ

損害保険調査
損害保険調査
休業補償や障害等級の適性を調査致します。

交通事故の場合なら初期段階の現場での情報や証言等の収集が重要であるほか、休業補償や休車損害、医療補償の正当性判断、最も厄介な「モラルリスク」についての調査など、調査のプロでなければ困難な調査も多いのです。

仕事を続けながらの休損請求や入院を必要としない状態であるにもかかわらず入院を続けている、あるいは医師から退院を告げられても入院を続ける、などといった場合には、医師や病院の調査も必要です。
また、動産に損害保険をかけておいて、盗難を装って補償金を騙し取るといったケースさえあります。

こうした場合でも適切・確実に調査できるのが「調査のプロ」のプロたる所以です。

こんな時はご相談ください!
豊富な知識の調査員が、迅速かつ丁寧に事実確認致します。

自動車保険関係
■休業損害請求の正当性調査
■人身事故の初動調査
■実際の身体動きと診断書内容の確認(行動)
自動車損害保険 ■車両保険に関する調査


損害の調査
■各種損害実態調査
■出火原因調査
■盗難請求に関わる調査
■各種賠償責任保険に関わる実態調査
■傷害保険に関わる調査
■各種損害の確認調査
■医療調査
損害保険調査

モラルリスク調査
■休業損害調査
■各種損害実態調査
■飲酒有無調査
■アフターロス調査
■ホールインワン調査


特殊調査
■実態調査
■経済調査
■求償事案に関わる調査
■専門家からの意見書等の作成取り付
損害保険調査 調査事例
■交通事故の影響で、腰痛を患い仕事が出来ないと高額請求をしてきた自営業男性
調査を行ったところ、男性は連日朝からパチンコ屋へ通っていることが発覚。 パチンコ玉が入った箱を苦も無く持って歩いている場面を繰り返し撮影、証拠資料として報告した。
■交通事故による打撲で、右腕に痺れが残り腕が上がらないと長期の休職補償を求めた男性
公園において、上がらないはずの右腕で子供とキャッチボールをしている姿を撮影。 庭木の剪定をしている姿と併せて証拠資料として報告した。

秘密保持契約書締結
調査を依頼するにあたり協議を優先し「機密保持契約書」を締結しております。
在籍する全社員とも厳しい内容の秘密保持にかかる雇用契約書をかわしておりますので、御社からの調査依頼が外部に漏れる心配は一切ありません。
0120-046-007 ご相談・お見積り無料/携帯・PHS可 お気軽にご相談ください!