探偵を鹿児島でお探しなら鹿児島市の探偵社ガルエージェンシー鹿児島中央へ

DV対策
DV対策
DV対策

DV加害者は自分が悪いと思っていない事が多く、保護された被害者、避難している被害者を探し出そうと考えています。

あなた様も含め、多くのDV被害者の方は加害者に見つかる怖さを抱きながら生活し、精神的にも疲れてしまっているのではないでしょうか?

私たちは、加害者が「いつ」「どこで」「誰と」「何をしているか」を細かく記録・撮影できます。加害者の普段の姿を確認し把握することで、あなた様に少しでも安心してもらえればと思います。

また、DVを理由に離婚をお考えであれば、客観的事実となる証拠が必要です。
裁判資料となる証拠の収集や弁護士の紹介、そして裁判での決着は長期間に及ぶ場合もありますが、万全のアフターフォローで決着まで精神的なサポートをします。

あなた様の安全を守ることも我々探偵としての技術が発揮できます!
DV被害でこんなお悩みありませんか?
外出先で加害者と鉢合わせるかもしれない。知人や施設の方に付き添われても、顔を合わせる恐怖に変わりはしない。せめて、加害者が近くに向かって来るのが分かれば・・・そんな時、探偵の出番です!

■ケース1
DV加害者として、法の裁きを受け収監された加害者。
しかし、刑期を終え出所。加害者は今、どんな生活をしているのか気になる・・・。
■ケース2
普段は避難先や保護施設で生活するも、子供の行事で学校に行かなければならない日。
加害者も学校行事は把握できる為、加害者がどんな行動を起こすのか自宅から監視していてほしい・・・。
■ケース3
DVを理由に離婚を決意。相手は離婚に応じず、DVの事実も認めない。裁判でDVを証明するための証拠を収集しなくては・・・。
DV対策 調査事例
DV対策調査事例 調査の動機

「一年前から夫からの暴力と暴言が酷いんです。」と女性からのご相談。
以前は手を出すような人ではなかったが、暴言も徐々にエスカレート。
最初は自分が悪いと思い耐えていましたが、精神的に追い詰められ離婚を考えている。


調査結果

暴言によるDVの為、御依頼者様へ会話を録音する機材をお渡しし数日間の証拠収集をする事に。
暴力を受けてからは病院へ通院もしていた事により医師の診断書をご用意していただきました。
数日後、会話時の暴言が録音出来た為、調停離婚を申し立て。
加害者の男性は否定をし離婚を拒否していましたが、録音の証拠と診断書が決定的となりDVを認め離婚が成立しました。
0120-046-007 ご相談・お見積り無料/携帯・PHS可 お気軽にご相談ください!